PR

ニュース 国際

【シリア攻撃】「トマホーク」「ストームシャドー」「B1戦略爆撃機」「ラファール戦闘機」…米英仏、多様な兵器使用

シリア攻撃に向けて準備するフランス軍のラファール戦闘機=13日、フランス東部(フランス国防省提供、AP)
Messenger

 シリアのアサド政権による化学兵器使用への報復として、米英仏3カ国が関連施設3カ所にミサイル100発以上を撃ち込んだ。約1年前の米軍単独の攻撃と比べ使用兵器数を倍増。シリアの後ろ盾のロシアとの偶発的衝突の回避に腐心しつつ、アサド政権を軍事力で威嚇し化学兵器使用を断固許さない決意を示す狙いがあった。

 攻撃は14日午前3時55分(日本時間同9時55分)に始まった。東地中海に米海軍の駆逐艦少なくとも3隻が展開し、巡航ミサイル「トマホーク」約100発を発射。空爆には遠距離から精密攻撃が可能なB1戦略爆撃機が加わった。

 英軍はキプロス島の基地からトーネード戦闘機4機を発進させ、空中発射型の巡航ミサイル「ストームシャドー」で爆撃。フランス軍はフリゲート艦4隻とミラージュ戦闘機、ラファール戦闘機を出撃させた。

 米国の昨年4月の攻撃はシリア中部のシャイラト空軍基地1カ所に標的を絞ったが、今回は首都ダマスカス近郊の研究施設や中部ホムスの化学兵器保管庫など3カ所に攻撃対象を拡大した。(共同)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ