PR

ニュース 国際

【シリア攻撃】プーチン露大統領、「国際法違反の行動」 米英仏を最大限に非難

ロシアのプーチン大統領=13日、モスクワ(AP)
Messenger

 ロシアのプーチン大統領は14日、米英仏のシリア攻撃について声明を発表し「テロとの戦いの最前線にある主権国家に対する、国連憲章や国際法の原則に反した行動」として最大限の非難を表明した。

 声明は化学兵器による攻撃があったとされるシリアで、誰も攻撃を現認していないと主張。化学兵器禁止機関(OPCW)の専門家が現場に派遣されたにもかかわらず、米英仏は調査結果も待たずに攻撃に踏み切ったと批判した。

 また、米国の行動はシリアの住民に苦しみをもたらしているとして「米国とその同盟国の攻撃的な行動」を討議する国連安全保障理事会の緊急会合開催を呼び掛けた。

 過去のユーゴスラビアやイラク、リビアの流血を伴った体制崩壊で米国に重い責任があることは歴史が示しているとも指摘した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ