PR

ニュース 国際

【シリア攻撃】「米国こそが大量の化学兵器所有国、他国非難の道徳的権利なし」 ロシアが激しく批判

10日、ニューヨークで開かれた国連安全保障理事会で、米国のシリア関連の決議案に拒否権を行使するロシアのネベンジャ国連大使(前列)(ゲッティ=共同)
Messenger

 ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長は14日、米英仏3カ国のシリア攻撃について「許しがたい国際法違反で、主権国家への根拠なき攻撃だ」と非難した。 ロシアのアントノフ駐米大使は13日、トランプ米大統領がシリアへの攻撃を発表した国民向け演説でロシアを批判したことについて「ロシア大統領に向けた攻撃的発言は受け入れられず、容認できない」との声明を発表した。インタファクス通信が報じた。

 アントノフ氏は「米国は大量の化学兵器の所有国であり、他国を非難する道徳的権利はない」とトランプ氏を批判した。

 ロシア外務省のザハロワ情報局長は14日、米英仏のシリア攻撃は「(根拠不明な)メディアの報じた映像や写真に基づいて行われた」とフェイスブックに書き込み、欧米のメディアは責任を感じなければならないと訴えた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ