PR

ニュース 国際

【シリア攻撃】「目に余る国際法違反」 イラン、米英仏を非難

14日、軍事攻撃が始まったシリアの首都ダマスカス。地響きを伴う爆発音が聞かれた(AP)
Messenger

 イラン外務省のカセミ報道官は14日、米英仏3カ国のシリア攻撃について「目に余る国際法違反で、シリアの主権を無視した行為だ」と強く非難し、3カ国は地域情勢への悪影響に責任を取らなければならないとする声明を発表した。国営イラン通信が報じた。

 盟友であるシリアのアサド政権への手厚い支援を国策としてきたイランは、トランプ米大統領がシリアへの攻撃を発表した国民向け演説でイランを批判したことに反発を強めそうだ。

 カセミ氏は、米英仏のシリア攻撃は化学兵器使用疑惑に関する化学兵器禁止機関(OPCW)の調査結果も待たずに実施されており、化学兵器使用の明確な証拠がないのは明らかだと指弾した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ