PR

ニュース 国際

【シリア情勢】化学兵器禁止機関(OPCW)がシリア入り 14日から化学兵器使用疑惑を検証

Messenger

 【パリ=三井美奈】化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は12日、シリアの首都ダマスカス近郊で化学兵器が使用された疑惑で調査チームが現地入りし、14日に検証作業を開始すると発表した。

 OPCWは今月10日の声明で、現地入りの方針を示し、シリアに調整を求めた。この際、現地調査は、ロシアとシリアからも依頼があったとしていた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ