産経ニュース

【アメリカを読む】ポルノ女優が告白したトランプ氏との“情事” 全米興味津々だが支持率は…

ニュース 国際

記事詳細

更新

【アメリカを読む】
ポルノ女優が告白したトランプ氏との“情事” 全米興味津々だが支持率は…

2007年2月、グラミー賞授賞式に出席した際のストーミー・ダニエルズさん(AP) 2007年2月、グラミー賞授賞式に出席した際のストーミー・ダニエルズさん(AP)

 その理由の一つに、“女性スキャンダル慣れ”があるようだ。大統領選の直前に発覚した、05年のトランプ氏による「有名人なら女を思うままにできる」といった女性蔑視発言が与えたショックがあまりに大きかったため、「ダニエルズさんの話は多くの人にとって想定の範囲内だった」と分析する米メディアもある。

福音派の支持強固

 さらに、トランプ氏と、キリスト教福音派の蜜月関係も、影響しているとみられる。米国人の約25%を占めるとされる米国最大の宗教勢力で、CNNの出口調査では8割がトランプ氏に投票したと回答した。

 トランプ氏就任後も、保守派の連邦最高裁判事任命や、エルサレムへの在イスラエル大使館移転表明といった政策を全面的に支持。女性問題が取り沙汰されても、トランプ氏の重要な支持基盤であり続けている。

 ただ、福音派はキリスト教の伝統的な価値観を重んじ、過去には政治家の配偶者への裏切り行為を糾弾。1998年のビル・クリントン元大統領(71)とホワイトハウス元実習生、モニカ・ルインスキーさん(44)の「浮気」問題の際には、批判の急先鋒となった。

 こうした態度の違いについて、リベラル系メディアは「ポルノ女優の問題に騒がない福音派は、偽善者だ」(ニューヨーク・デーリー・ニューズ)と皮肉っている。(ニューヨーク 上塚真由)

このニュースの写真

  • ポルノ女優が告白したトランプ氏との“情事” 全米興味津々だが支持率は…
  • ポルノ女優が告白したトランプ氏との“情事” 全米興味津々だが支持率は…
  • ポルノ女優が告白したトランプ氏との“情事” 全米興味津々だが支持率は…
  • ポルノ女優が告白したトランプ氏との“情事” 全米興味津々だが支持率は…
  • ポルノ女優が告白したトランプ氏との“情事” 全米興味津々だが支持率は…
  • ポルノ女優が告白したトランプ氏との“情事” 全米興味津々だが支持率は…

「ニュース」のランキング