PR

ニュース 国際

【アメリカを読む】ポルノ女優が告白したトランプ氏との“情事” 全米興味津々だが支持率は…

Messenger

 ダニエルズさんはいったんトランプ氏との関係を否定するコメントを出したものの、その後、「コーエン氏に脅され、関係を否定する偽の文書に署名させられた」と主張。3月には、関係を口外しないとした合意の無効を求めて提訴するなど、トランプ氏側と全面対決の姿勢をみせている。

 3月25日夜には、渦中のダニエルズさんがCBSの報道番組「60ミニッツ」に出演。人気キャスターのアンダーソン・クーパー氏を相手に、「トランプ氏と性的関係を持った」と告白すると、2200万人の視聴者数を記録。同番組では08年の大統領選後、オバマ前大統領夫妻が登場した回(2500万人)以来の高い数字となったという。

夫人の出産直後?

 ダニエルズさんの言い分はこうだ。

 トランプ氏との出合いは、06年7月のゴルフのトーナメント大会。夕食に誘われて、ホテルのスイートルームで密会したという。

 メラニア夫人が長男バロンくんを出産した直後だったが、夫人について、トランプ氏は「心配しなくていい。寝室は別だ」と発言。また「君は特別で、娘を思い出させる。聡明で美しく、手ごわい女性だ」などと口説き、お気に入りの長女イバンカさんを想起させる発言もあったという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ