PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】北朝鮮非核化の方針、米中が改めて確認 米国務長官代行と駐米中国大使が協議

記者団の取材に応じる中国の崔天凱駐米大使=4日、ワシントンの国務省前(共同)
Messenger

 【ワシントン=加納宏幸】サリバン米国務長官代行は4日、中国の崔天凱駐米大使と国務省で会談し、北朝鮮問題を協議した。両者は米中両国として「完全かつ検証可能で不可逆的な朝鮮半島の非核化」を目指すことを改めて確認した。国務省が発表した。

 サリバン氏は、米国の対中貿易赤字を念頭に、米中の経済関係について、崔氏に対して「公平さと均衡を回復する必要がある」と強調した。両者は「建設的な米中関係」を目指すことで一致し、互いの懸案に関して引き続き緊密に連絡を取り合うことで合意した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ