PR

ニュース 国際

【河崎真澄の緯度経度】米中経済パワー 逆転の時代

Messenger

 世界最大の輸入パワーをもつ国が、自分たちの想定より早く米国から中国に移る時代がすぐそこまできている。日米欧はこのことを強く認識すべきではないか。

 昨年10月の共産党大会で総書記の習氏は、21世紀中ごろまでの目標に「世界一流の軍隊の建設」を掲げた。憲法改正で長期政権を可能にした今年3月の全国人民代表大会(全人代=国会)で、習氏は国家主席として、「世界の統治システム変革や建設に積極的に関わっていく」と強調した。

 次は経済パワーをてこに米国を軍事面で凌駕(りょうが)し、戦後の世界秩序に中国が変更を加える、と宣言したに等しい。

 1949年の新中国成立から100年を意識した発言だが、これも想定よりずっと早く、実現してしまう可能性は排除できない。(上海支局長 河崎真澄)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ