PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】韓国艦撃沈「主犯」は私 北朝鮮高官が自己紹介

朝鮮労働党の金英哲副委員長
Messenger

 「南側(韓国)で主犯とされている者が私、金英哲だ」。2010年に朝鮮半島西方で韓国海軍の将兵46人が死亡・行方不明になった哨戒艦撃沈事件で、撃沈を主導したとされる北朝鮮の金英哲・朝鮮労働党副委員長が2日、訪朝中の韓国記者団の前に現れ、こう自己紹介する一幕があった。

 韓国の代表取材団によると、記者団は1日に韓国芸術団の公演を取材した際、会場への入場制限を受けたと抗議。これに対し、北朝鮮側から釈明のため記者団の宿泊先に現れたのが金氏だった。

 金氏は平昌冬季五輪閉会式に出席するため2月に訪韓した際、将兵らの遺族や保守層から強い反発を受けた経緯がある。

 金氏は2日、取材制限について記者団に謝罪。公演を観覧した金正恩党委員長の身辺警護チームとの調整が不十分だったと説明し、再発防止を約束したという。(共同)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ