PR

ニュース 国際

中国筆頭外務次官に楽玉成氏 将来の外相の最有力候補か

Messenger

 中国共産党の中央外事工作指導グループ弁公室副主任などを務めた楽玉成氏(54)が筆頭の外務次官に就任したことが30日、中国外務省のサイトで分かった。楽氏は昨年の党大会で中央委員候補に選出されており、将来の外相の最有力候補と目されている。

 これまで筆頭の外務次官と外務省の党委員会書記を兼任していた張業遂氏(64)は次官を外れたが、党委書記の肩書は残っている。張氏は既に全国人民代表大会(全人代)外事委員会主任を務めている。

 楽氏はロシア語が専門で、外務次官補や駐インド大使を歴任。2016年から中央外事工作指導グループ弁公室副主任を務めていた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ