PR

ニュース 国際

【矢板明夫の中国点描】北の核開発黙認の中国歴代指導者 自国利益優先、北包囲網の崩壊招く

Messenger

 今月、トランプ米政権が新たな対中制裁を発表し、米中貿易戦争が勃発したタイミングで、中国は金正恩朝鮮労働党委員長の訪中を受け入れ、北朝鮮との関係修復に乗り出した。金日成以来、北朝鮮の核開発に懸ける執念を知っている中国は「北朝鮮が核開発を放棄するはずがないこと」を十分承知している。にもかかわらず、自国の利益を優先する中国は北朝鮮に再び手を貸すことで、これまで国際社会が構築してきた北包囲網を崩壊させようとしている。(外信部次長)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ