PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】主導権握りたい中国、米強硬派を牽制したい北 関係改善で思惑一致

Messenger

 中国側は、南北首脳会談や米朝首脳会談の前に、中朝間で要人会談を行えば「局面を打開し主導権を握れると考えた」(中国の北朝鮮専門家)とみられる。

 また、朝鮮半島非核化の仲介役としての地位を確立できれば、米中貿易戦争が勃発しかねない厳しい状況のもと、米国を牽制できる貴重な“北朝鮮カード”を手にすることも可能だ。

 一方の北朝鮮としては、米国との首脳会談が予定されているとはいえ、最近のトランプ政権の相次ぐ閣僚交代は懸念材料だった。

 新国務長官のポンペオ氏、新大統領補佐官(国家安全保障問題担当)のボルトン氏はいずれも、北朝鮮に対し強硬な発言を繰り返してきた人物である。

 「米朝首脳会談が決裂すればトランプ政権は軍事作戦に踏み切る」(韓国メディア)との見方が広がる中、北朝鮮は新たな仲介役として中国を自陣営に取り込み、中韓を事実上の後ろ盾として米国と対峙しようとしている可能性もある。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ