PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】北の要人が訪中、金正恩氏説も 北京厳戒、関係改善に動き

北京の釣魚台迎賓館を出る、要人を乗せたとみられる車列。門外では厳重な警備が敷かれていた=26日(共同)
Messenger

 【北京=藤本欣也】北朝鮮の金正恩政権の要人が26日、北京入りした。北京市内は厳重な警備態勢がしかれており、最高指導者である金正恩朝鮮労働党委員長の可能性も取り沙汰されている。国連安全保障理事会による対北制裁に中国が参加して以降、悪化していた中朝関係が改善に向けて動き出した。

 中朝関係者の話を総合すると、北朝鮮の要人が利用する特別列車が同日、北京入りした。鴨緑江の中朝友誼橋を渡り、中国遼寧省の丹東を経由して北京入りしたもようだ。

 北京市内では北朝鮮大使館や、外国の要人が宿泊する釣魚台迎賓館、会談などが行われる人民大会堂周辺は厳戒態勢がしかれた。

 朝鮮半島情勢をめぐっては、4月に南北首脳会談、5月末までに米朝首脳会談が行われる予定で、緊張緩和に向けた動きが加速している。中国はその中で“蚊帳の外”に置かれており、習近平政権が掲げる「大国外交」の看板にも傷が付きかねない状況だった。

 北朝鮮は要人の訪中で、一連の首脳会談について中国側に説明するとみられる。冷え込んだ対中関係を改善し、経済制裁の緩和を狙っている可能性もある。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ