PR

ニュース 国際

蔡英文政権支持発言で謝罪 中国進出の台湾企業

 中国に進出している台湾企業の会長が蔡英文政権の政策を支持する発言をして中国から非難を浴び、謝罪する声明を発表した。24日の台湾メディアが伝えた。

 飲料用の缶などを製造する「福貞」の会長が、2月に台北市内で開かれた台湾企業が集まる新年会で「蔡英文は総統であり、彼女が決めた政策は最大限支持する。民主的国家としてやるべきことだ」とメディアに語った。この発言にインターネット上で中国人からの非難が相次いだ。

 同社は23日付の台湾紙などに広告を出し、会長は「民主進歩党の対中政策を支持するかのような誤解を与え、両岸(中台)同胞の感情を傷つけたことをおわびする」「台湾独立には断固反対だ」などと表明した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ