PR

ニュース 国際

文在寅大統領、ベトナムで「両国間の不幸な歴史に遺憾の意」表明

ベトナムに訪問した韓国の文在寅大統領(左、ロイター)
Messenger

 【ダナン(ベトナム中部)=吉村英輝】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、訪問先のベトナムで、「両国間の不幸な歴史に対し遺憾の意を表する」と述べた。韓国の聯合ニュースは、ベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺に対して、初めて文氏が公に遺憾の意を表明したとしている。

 文氏は昨年11月、ベトナムで開かれた国際会議に向けたビデオメッセージで、「韓国はベトナムに心の負い目がある」との表現にとどめていた。「心の負い目」は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領が2004年にベトナムを訪問した際に使った表現だった。今回、文氏はより踏み込んだ表現を使ったことになる。

 以前には、金大中(キム・デジュン)元大統領が訪越時に「遺憾」を表明し、韓国の保守層から大きな反発を受けている。

 ベトナム中部クアンナム省では、1968年2月12日、韓国海兵隊第2海兵師団(通称、青龍師団)が70人以上とも言われる民間人を虐殺する事件が発生。同月25日にも同省の別の村で、同じ青龍師団が民間人135人を虐殺する事件も起きた。同師団は、同盟関係にあった当時の南ベトナム軍に参加していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ