PR

ニュース 国際

「殺人ロボット兵器」規制巡り討議 4、8月に会合

Messenger

 人間の兵士に代わって敵を殺傷する「殺人ロボット兵器」の規制について話し合う国連公式専門家会議の事務局は20日までに、4月と8月にジュネーブで会合を開くと発表した。昨年11月の初会合で2018年以降も議論継続の必要を確認していた。

 殺人ロボット兵器の定義や、人間の関与、技術的な問題、規制の必要性などを協議し、8月の会合で次年度以降も議論を続けるかどうかを決める予定。開催期間は4月9~13日と8月27~31日。

 規制に関しては、途上国などに禁止条約制定を求める声がある一方、武器輸出大国の米国やロシアは慎重な立場を崩していない。国連外交筋によると、今年の会合で議論が大きく進展する可能性はほとんどないという。

 殺人ロボット兵器を巡り、各国は特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の枠組みで13年に議論を開始し、約4年かけて公式専門家会議の設置にこぎ着けた。(共同)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ