PR

ニュース 国際

【中国全人代】台湾、習近平演説に反発「威嚇思考から抜け出せ」

中国全人代の閉幕式に臨む習近平国家主席(前列左)と李克強首相=20日、北京の人民大会堂(共同)
Messenger

 【台北=田中靖人】台湾で対中政策を主管する行政院大陸委員会は20日、中国の習近平国家主席の演説に対し、「居丈高に威嚇する思考を抜け出す」よう求める報道文を発表した。

 同委員会は、中国当局が2月末に発表した31項目の「内国民待遇」策を念頭に、「一方的に統一戦線の施策を強化し、台湾の人材や資金、技術を吸収しようとしている」と批判した。

 また、頼清徳行政院長(首相に相当)は20日の立法院(国会)の質疑で、中国が受け入れを求める「一つの中国」原則に基づく「1992年コンセンサス(合意)」について「もし中国が92年合意が唯一のカギだとするなら、台湾では探し出せない」と応じない意向を重ねて示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ