PR

ニュース 国際

中国副首相就任の胡春華氏 共青団派の退潮を反映…影薄く

中国全人代で、副首相に選出され宣誓する胡春華氏=19日、北京の人民大会堂(共同)
Messenger

 【北京=藤本欣也】19日に発足した中国の習近平第2期政権で、副首相の1人に就任した胡春華共産党政治局員(54)は、李克強首相(62)と同じ共産主義青年団(共青団)出身だ。共青団派の退潮を反映してか、この日の憲法宣誓式でも影が薄かった。

 党機関紙、人民日報をはじめ19日付の中国各紙は1面に、前日、首相に再任された李氏と習国家主席が握手する写真を掲載した。笑みをこらえるような習氏の横で暗い表情の李氏。5年前の習政権発足後、実権を習派に奪われていった李氏ら共青団派の現状を象徴するような写真だった。

 19日の胡氏の顔にも笑みはなかった。昨年10月の党大会前には、習氏の後継候補として、最高指導部メンバーの政治局常務委員や国家副主席に抜擢(ばつてき)されるとの観測もあった。結局、「副首相止まりでは」(中国専門家)との見方が多い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ