PR

ニュース 国際

17日から豪ASEAN首脳会議 対中国、そろわぬ足並み

Messenger

 【シンガポール=吉村英輝】オーストラリアは17~18日、最大都市シドニーで、東南アジア諸国連合(ASEAN)と特別首脳会議を開く。南シナ海の軍事拠点化などで影響力を増す中国に対抗し、地域の安定に向け協調して取り組む姿勢の確認を目指す。ただ、ASEAN側は、一部加盟国が人権問題で豪州と摩擦を抱えるなど、豪州側の呼びかけに一枚岩となって応じきれない実情がある。

 同会議は、ターンブル首相が2016年からASEAN側に呼びかけ、今回が初開催。同盟国である米国の東南アジアでの相対的な影響力が弱まる中、ASEANを「地域の戦略的な議長役」(ターンブル氏)と位置づけ、「航行の自由」や「法の支配」を確認し、テロ対策や自由貿易体制の維持でも連携をアピールする狙いだ。

 ただ、推進する「麻薬戦争」の人道上の問題を豪州から指摘されてきた、フィリピンのドゥテルテ大統領は、早々に不参加を表明。

 また、中国の支援を受けて独裁色を強める、カンボジアのフン・セン首相も、民主化問題などで豪州から圧力を受ければ、共同声明の発表を阻止し「恥をかかせてやる」と気色ばむ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ