PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】ポンペオ米CIA長官「首脳会談前の対北圧力緩和なし」 ホワイトハウス高官は北が約束破れば「会談中止」も指摘

Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は11日、FOXニュースの報道番組に出演し、米朝首脳会談に関し、トランプ政権が会談実現の前に北朝鮮に対して圧力緩和などの譲歩は一切しないと表明した。

 ポンペオ氏はまた、首脳会談後を受けて米朝が非核化に向けた実質交渉に移った後も米政権は圧力を維持し続けると改めて強調。その上で、北朝鮮が会談の前提として先に表明した「核・弾道ミサイル実験の停止」「米韓合同軍事演習の容認」「非核化を米朝会談の議題とする」といった約束を堅持しなければならないと要求した。

 さらに、「北朝鮮の経済がこれほどの危機に陥り、指導体制が圧力にさらされたことはなかった」とし、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が一連の圧力に折れてトランプ大統領に譲歩する形で首脳会談を提案せざるを得なくなったと指摘した。

 一方、ホワイトハウスのシャー副報道官はABCテレビの報道番組で、米朝首脳会談が実現しない可能性について、北朝鮮が核・ミサイル実験などの約束を破った場合は「あり得る」との見方を明らかにした。会談場所については、平壌での実施は「可能性は高くない」と述べたが、いずれの場所となる可能性も排除しないとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ