PR

ニュース 国際

困ったときの韓国頼み 北朝鮮、合意破りの歴史 対話中に支援獲得で制裁解除狙い確実 来月には南北首脳会談

北朝鮮をめぐる主な合意と軍事挑発
Messenger

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が南北首脳会談の開催などで韓国側と合意した。だが、北朝鮮は金正恩氏の祖父、金日成(イルソン)主席時代から平然と合意を破り、挑発行為を繰り返している。

 南北は1991年、「朝鮮半島の非核化に関する共同宣言」で合意。しかし、北朝鮮は93年に核拡散防止条約(NPT)からの脱退を宣言した。94年に北朝鮮は核問題解決に向け米国と枠組み合意をしたが、毎年50万トンの重油を受け取った末、2003年に合意は破綻した。

 1996年には潜水艦による韓国への武装工作員侵入事件が発生。北朝鮮は遺憾を表明し再発防止を約束したものの、98年に潜水艦が再び韓国側に侵入した。

 ◆水面下で核開発

 2000年には初の南北首脳会談で南北共同宣言を発表し、その後、陸路での金剛山観光や開城(ケソン)工業団地の稼働など韓国からの経済協力事業が本格化した。だが、北朝鮮は06年に初の核実験を強行。07年にも南北首脳会談を行ったが、09年には2回目の核実験に踏み切った。10年には韓国海軍哨戒艦を撃沈し、韓国延坪島(ヨンピョンド)を砲撃。昨年は6回目の核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を強行した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ