PR

ニュース 国際

【南北会談】トランプ氏、北朝鮮は「真剣だ」と核放棄に期待 情報長官は「懐疑的」

6日、ホワイトハウスで記者会見するトランプ米大統領(AP)
Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスで記者団に対し、北朝鮮が非核化をめぐり米国と対話する用意があると表明したことについて、北朝鮮は「真剣だと思われる」と述べ、米国主導による国際制裁が効果を上げているとの見方を明らかにした。

 トランプ氏は、北朝鮮が非核化に向かえば「世界と北朝鮮、朝鮮半島にとって素晴らしいことになる」と指摘した上で、「事態が誰もが望むような適切な方向に進むことを望む」と語り、将来の米朝対話を経て北朝鮮が核放棄に踏み切ることに期待を示した。

 トランプ氏は一方で、「事態がどちらの方向に進んだとしても準備はできている」とし、軍事攻撃で北朝鮮に核放棄を強いる選択肢を堅持していること改めて打ち出しつつ、引き続き北朝鮮の真意を探る考えを明らかにした。

 また、ペンス副大統領は6日、「北朝鮮の金正恩体制に核開発をやめさせるため、米国と同盟諸国は最大限の圧力をかけ続ける」などとする声明を発表した。声明は「北朝鮮が非核化に向け、信頼でき検証可能で具体的な措置を示すまで、全ての選択肢をテーブルの上に置く」と強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ