PR

ニュース 国際

【全人代開幕】中国、習近平氏の個人独裁回帰へ ネット上に「皇帝」批判

Messenger

 ただ、改憲により習氏は“終身主席”も可能となることから、インターネット上では「皇帝」批判が噴出。党内でも懸念や不満が広がっているもようだ。

 共産党は通常、全人代前の2月に中央委員会総会を1回開いて提出議案の党内調整を図るが、今回は1月と2月にそれぞれ総会を開催している。全人代の1週間以上前の2月25日に突然、党が改憲案の内容の公表に踏み切ったことも驚きをもって受け止められた。

 さらに、今回の全人代の会期は5日から20日までの16日間で、昨年(11日間)より大幅に長く、まさに異例ずくめの展開となっている。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ