産経ニュース

【北朝鮮情勢】トランプ政権、「非核化への一歩か見極める」と声明 北の「対話の用意」表明で

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
トランプ政権、「非核化への一歩か見極める」と声明 北の「対話の用意」表明で

閉会式に出席した(左から)イバンカ・トランプ米大統領補佐官と北朝鮮の金英哲党副委員長=25日(ロイター) 閉会式に出席した(左から)イバンカ・トランプ米大統領補佐官と北朝鮮の金英哲党副委員長=25日(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ホワイトハウスは25日、北朝鮮代表団が韓国の文在寅大統領との会談で米国と対話する「十分な用意がある」と表明したことに関し、「非核化に進む第一歩であるかを見極める」とする声明を発表した。

 声明はまた、米国と韓国および国際社会は「北朝鮮との対話は、非核化という成果を伴うものでなければならないとの立場でおおむね合意している」と指摘した上で、「北朝鮮が非核化するまで最大限の圧力をかける路線を維持しなければならない」と強調した。

 トランプ米政権は「朝鮮半島の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を最終目標に掲げている。声明は「米政権は朝鮮半島の非核化に精力を傾注する」と表明。また、「北朝鮮が非核化すれば同国には明るい前途が待っている」とする一方、「米国と世界は、北朝鮮の核・ミサイル開発計画に未来はないということを明示し続ける必要がある」と訴えた。

 一方、平昌五輪の閉会式に出席したトランプ米大統領の長女、イバンカ大統領補佐官は26日朝にソウルを発ち帰国する予定。米政権高官によると、イバンカ氏と北朝鮮代表団との接触はなかった。

このニュースの写真

  • トランプ政権、「非核化への一歩か見極める」と声明 北の「対話の用意」表明で

「ニュース」のランキング