産経ニュース

ナイジェリアで女子生徒90人超一時拉致か ボコ・ハラムが学校襲撃 政府軍76人救出

ニュース 国際

記事詳細

更新


ナイジェリアで女子生徒90人超一時拉致か ボコ・ハラムが学校襲撃 政府軍76人救出

 ロイター通信は22日、ナイジェリア北東部ヨベ州の村で19日夕、イスラム過激派ボコ・ハラムが学校を襲撃して多数の女子生徒の行方が分からなくなったが、軍が76人を救出し、他2人の遺体を発見したと報じた。ボコ・ハラムに拉致されていた可能性がある。 当初は90人以上の生徒が行方不明になったと報じられており、まだ消息が分からない生徒がいる可能性がある。

 ボコ・ハラムは2014年に北東部ボルノ州の学校で女子生徒276人を拉致し、救出を求める国際世論が高まった。ナイジェリア政府は軍の掃討作戦でボコ・ハラムが衰退したと主張しているが、依然として各地で襲撃を繰り返している。

 目撃者によると、重武装した戦闘員が軍兵士を装って村に侵入し、学校で銃を乱射した。近郊の村の住民は、生徒たちが車で連れ去られ、泣きながら助けを求める姿を見たという。

 ボコ・ハラムは欧米の教育や価値を否定し、シャリア(イスラム法)の導入を要求している。14年のボルノ州の事件では、一部の生徒は解放されたが、いまだ約110人の行方が分かっていない。ボコ・ハラムは少女を戦闘員と結婚させたり、洗脳し自爆テロを強制したりしている。(共同)

「ニュース」のランキング