産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


ルフトハンザ航空、座席機器の「独島」表記を削除へ 今週末にも

 ルフトハンザドイツ航空旅客機の映像・音響(AV)機器の航路を示す地図上で、竹島(島根県隠岐の島町)が韓国呼称である「独島」と記載されていた問題で、同航空日本支社の広報担当者は20日、機器のソフトウエアを修正し、独島の表記を削除する作業を進めていることを明らかにした。早ければ今週末にも全機器に反映されるという。

 広報担当者は産経新聞の電話取材に「修正は、竹島という表記に直すのではなく、基本的に独島の表記を消す方向で行っている」と話した。

 独島を掲示した機器は、昨年12月1日に羽田空港とミュンヘン国際空港間で運航を開始した「エアバス A350-900型機」の全座席に設置されていた。運航当初、機器は日本語や英語で独島の名称を示していた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング