産経ニュース

【矢板明夫の中国点描】全人代の「生きた化石」の政界遊泳術

ニュース 国際

記事詳細

更新

【矢板明夫の中国点描】
全人代の「生きた化石」の政界遊泳術

2012年3月、全人代山西省代表団の分科会で発言する申紀蘭氏(全人代常務委員会の公式サイトから) 2012年3月、全人代山西省代表団の分科会で発言する申紀蘭氏(全人代常務委員会の公式サイトから)

 筆者が北京特派員時代、申氏に取材を申し込んだことが複数回あったが、外国メディアに対してかなり警戒していたようで「時間がない」などを理由に要望を拒否された。

 申氏はいまでも「初めて全人代に出席したとき、ロバに乗って4日間かけて北京にきた」とのエピソードを口癖のように語っている。自分が貧しい、素朴な農民の代表であることを強調している。しかし、その一族から、多くの共産党幹部と大企業の経営者が輩出している。

 全人代代表の任期は5年。申氏は93歳まで務めることができる。第13期全人代は3月5日に開幕する。「習近平思想」を盛り込むなど憲法改正案が審議される。申氏は今回も無条件で賛成するとみられる。(外信部次長)

「ニュース」のランキング