産経ニュース

【ASEAN見聞録】ロヒンギャで人権団体気にするな? ドゥテルテ大統領の助言はスー・チー氏にどう響く

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ASEAN見聞録】
ロヒンギャで人権団体気にするな? ドゥテルテ大統領の助言はスー・チー氏にどう響く

1月26日、ニューデリーで並んで階段を降りる、スー・チー氏(中央左)とドゥテルテ氏(同右)=ロイター 1月26日、ニューデリーで並んで階段を降りる、スー・チー氏(中央左)とドゥテルテ氏(同右)=ロイター

 フィリピンとミャンマーで、人権問題が軽視される風潮の高まりが懸念される。これまで、粗雑で暴言の多いドゥテルテ氏とは正反対のイメージが持たれてきたスー・チー氏。国内問題の舵取りの難しさが増しているが、近隣国の首脳をむしろ反面教師として、かつて民主化のために訴えてきた「報道の自由」を引き続き尊重し、ロヒンギャ問題での公正な情報開示にも注力するよう求めたい。

ロヒンギャ問題 ロヒンギャは、インド東部ベンガル地方を起源とするとされる民族集団。ロヒンギャ側は8世紀ごろからビルマ(現在のミャンマー)西部に居住していると主張するが、ミャンマー政府は、ロヒンギャは土着の民族ではなく、近代以降にインド方面から流入するなどした人々だとしている。2012年以降、イスラム教徒ロヒンギャと、ミャンマーで多数派の仏教徒との間で衝突が頻発。これまでに50万人ともいわれるロヒンギャが難民となり、バングラデシュなどに流入した。

アウン・サン・スー・チー ミャンマーの政治指導者。現在は国家顧問兼外相。ビルマ独立運動を指導したアウンサン将軍の娘として1945年、ラングーン(現ヤンゴン)に生まれる。1988年に激化した反軍政・民主化要求デモで指導的な役割を果たし、政権によって自宅軟禁下に置かれた。91年にノーベル平和賞を受賞。民政移管後の2015年、自ら率いる国民民主連盟(NLD)が総選挙で大勝。スー・チー氏を実質的なトップとする政権が発足した。

 【ASEAN見聞録】は東南アジア諸国連合(タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、ラオス、ミャンマー、カンボジア)からのニュースやその解説・分析、話題などをお届けします。

このニュースの写真

  • ロヒンギャで人権団体気にするな? ドゥテルテ大統領の助言はスー・チー氏にどう響く
  • ロヒンギャで人権団体気にするな? ドゥテルテ大統領の助言はスー・チー氏にどう響く
  • ロヒンギャで人権団体気にするな? ドゥテルテ大統領の助言はスー・チー氏にどう響く
  • ロヒンギャで人権団体気にするな? ドゥテルテ大統領の助言はスー・チー氏にどう響く
  • ロヒンギャで人権団体気にするな? ドゥテルテ大統領の助言はスー・チー氏にどう響く

「ニュース」のランキング