産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国空軍アクロバット機から出火 シンガポールのエアショー

出火した韓国空軍アクロバットチーム「ブラック・イーグルス」の練習機=6日、チャンギ国際空港(CONOR DOHENY/via REUTERS ) 出火した韓国空軍アクロバットチーム「ブラック・イーグルス」の練習機=6日、チャンギ国際空港(CONOR DOHENY/via REUTERS )

 【シンガポール=吉村英輝】シンガポールのチャンギ国際空港で6日午後1時(日本時間同2時)半ごろ、離陸中の韓国空軍機から出火した。空港は一部閉鎖され、多くの旅客機などに遅延などの影響が出た。

 出火したのは、開催中のアジア最大の航空ショー「シンガポール・エアショー2018」に参加中だった、韓国空軍アクロバットチーム「ブラック・イーグルス」の練習機T-50で、1人乗り。

 火は消し止められ、操縦士は脱出し軽いけが。事故のあった滑走路が閉鎖された。

 旅客が撮影したとみられる動画は、他の練習機に続いて、デモンストレーション飛行のため離陸しようとした事故機が、滑走路をそれて火を噴き黒煙を上げ、消防車が駆けつける様子を記録している。消火後の機体の映像は、草原の上で消化剤がかかり、上下が逆さまになっている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング