産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


日本語でニュース配信を開始 中国新華社

 中国国営新華社通信は31日、都内で説明会を開き、日本向けに日本語でのニュース配信サービスを2月1日から始めると発表した。これまで同社は中国語以外では、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語、アラビア語、ポルトガル語でニュースを配信してきたが、日本語が7言語目になるという。

 新華社によると、中国関連ニュースを中心に1日約80本の記事や、写真や映像も配信する。中国の経済などに関するニュースを中心とし、それ以外に国際関係や日本に関する報道についても配信する予定としている。

 日本での配信サービスでは、共同通信グループの共同通信デジタルと共同通信イメージズが販売面で協力する。

 新華社の蔡名照社長は説明会で「日本でのサービスが中日関係の発展に寄与し、両国人民の友好促進の新たな力になることを願っている」と述べた。

 説明会には福田康夫元首相や中国の程永華駐日大使らも出席。福田氏は「日中平和友好条約締結40周年など記念すべき年にこの事業が開始されるのは大変意味のあることだ」と語った。(三塚聖平)

「ニュース」のランキング