産経ニュース

韓国で病院火災 37人死亡 負傷者多数 応急処置室付近から出火

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国で病院火災 37人死亡 負傷者多数 応急処置室付近から出火

26日、韓国南部、慶尚南道密陽の病院で発生した火災(聯合=共同) 26日、韓国南部、慶尚南道密陽の病院で発生した火災(聯合=共同)

 【密陽=桜井紀雄】韓国南東部、慶尚南道(キョンサンナムド)密陽(ミリャン)の病院で26日午前7時半ごろ(日本時間同)、火災が発生した。消防によると、入院中の患者ら37人が死亡、131人が負傷し、近くの別の病院に搬送されるなどした。

 火災があったのは5階建ての病院本館。1階の応急処置室付近から出火し、約3時間後に鎮火した。病院職員らは警察の調べに「応急処置室そばの看護師の更衣室から煙が出ていた」と話している。

 韓国メディアによると、出火当時、病院には別館も含め、高齢者ら約180人が入院していた。自力で避難できず、病棟内に充満した煙を吸い込み犠牲となった可能性がある。病院にはスプリンクラーが設置されていなかったという。

 釜山(プサン)の日本総領事館によると、日本人の被害は確認されていない。

このニュースの写真

  • 韓国で病院火災 37人死亡 負傷者多数 応急処置室付近から出火

関連ニュース

「ニュース」のランキング