産経ニュース

日本人留学生にぼったくったレストランに厳正対処 粋なベネチア市長は「イタリアのトランプ?」 「アラーは偉大なりと叫んだ者は射殺」発言も

ニュース 国際

記事詳細

更新


日本人留学生にぼったくったレストランに厳正対処 粋なベネチア市長は「イタリアのトランプ?」 「アラーは偉大なりと叫んだ者は射殺」発言も

サシ(脂肪)が入った牛肉(平沢裕子撮影) サシ(脂肪)が入った牛肉(平沢裕子撮影)

 イタリア・ベネチアのレストランで日本人学生4人が食事代として約1100ユーロ(約15万円)を請求され、「厳正に対処する」と発言したベネチア市長。日本のネットでも泣き寝入りしがちなぼったくり被害が市長の鶴の一声で摘発され、店が罰金2万ユーロ(約270万円)の罰金を受けた上、地元ホテル協会が4人を高級ホテル2泊分をプレゼントしたとあって、「粋なはからい」として称賛する声であふれている。このベネチア市長、過去には暴言が問題視されるなど、「イタリアのトランプ」とも言うべき歯に衣着せぬかっ飛んだ人だった。

 市長はルイージ・ブルニャーロ氏。ブルニャーロ氏は右派系の政治家。移民に対する厳しい姿勢で知られ、地元優先。「アメリカファースト」で知られるドナルド・トランプ米大統領をほうふつとさせる。

 氏の最も「かっ飛んだ」発言は「ベネチアで『アラー・アクバル(アラーは偉大なり)』と叫んだら射殺する」という発言だろう。

 ニューズウィーク日本版によると、氏は昨年8月、講演で「テロ対策をとらなかったバルセロナとは違い、ベニスは警戒を怠らない」と前置きした上で「もし誰かが『アラーは偉大なり!』を叫びながらサン・マルコ広場を駈け抜けたりすれば、その場で射殺する」と宣言したのだという。

 ブルニャーロ市長は2016年にも同様の発言をしたらしく「1年前には4歩目で撃つと言ったが、今なら3歩目で撃つ」とまで付け加えた。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング