産経ニュース

中国に運営権「植民地同然」スリランカのハンバントタ港 融資→多額の債務→99年間貸与

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国に運営権「植民地同然」スリランカのハンバントタ港 融資→多額の債務→99年間貸与

スリランカ・ハンバントタ港(森浩撮影) スリランカ・ハンバントタ港(森浩撮影)

 中国の援助で建設されたスリランカ南部ハンバントタ港。中国からの多額の債務に追い詰められたスリランカが運営権を中国に差し出したいわく付きの港だ。一帯では解雇を懸念する労働者によるストライキが断続的に起きており、異様なまでの警戒態勢が敷かれている。港は地域に何をもたらしたのか。中国が進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」が生み出す摩擦の現場を歩いた。(ハンバントタ 森浩)

 ■商業港が一変、厳戒 

 「そこで何をしていた。お前は誰だ」

 高台から港の全景をカメラに収めて離れようとした際、警備員が近づいてきた。「ここは敏感なエリアだ。写真を撮ることは受け入れられない」と、強い口調で迫られ写真を削除せざるを得なかった。中国とスリランカが主張する「商業的な港」とはかけ離れた実態がうかがい知れた。

 5カ所ほどの出入り口があるが、どこにも警備員が立ち、目を光らせている。「かつて港は誰でも自由に入れたんだ。小さい頃はよく魚釣りをした。中国が来てから窮屈になった」と話すのはタクシー運転手のハトタさん(50)だ。海岸沿いに立ち並ぶ住居は空き家が目立ち、すべて港の拡大計画に伴って立ち退きを要求されたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国に運営権「植民地同然」スリランカのハンバントタ港 融資→多額の債務→99年間貸与
  • 中国に運営権「植民地同然」スリランカのハンバントタ港 融資→多額の債務→99年間貸与

「ニュース」のランキング