産経ニュース

今度はブリジット・バルドーさん「偽善で、お笑いぐさ」 大物フランス女優、またハリウッドのセクハラ告発批判

ニュース 国際

記事詳細

更新


今度はブリジット・バルドーさん「偽善で、お笑いぐさ」 大物フランス女優、またハリウッドのセクハラ告発批判

ブリジット・バルドーさん(ゲッティ=共同) ブリジット・バルドーさん(ゲッティ=共同)

 【パリ=三井美奈】フランスの女優ブリジット・バルドーさん(83)は17日、写真誌パリ・マッチ(電子版)のインタビューで、セクハラを告発する米ハリウッドの女優たちを「偽善的で、お笑いぐさだ」とこき下ろした。

 バルドーさんは、女優は一般の女性の場合と異なるとしたうえで、「プロデューサーをその気にさせて、役をとる女優はたくさんいる。話題になるために、後になってセクハラされたと言いだす」と批判した。

 自身については「セクハラに遭ったことなどない」と明言。「男性にかわいいお尻だと言われるのは、気分がよかった。こういう褒め言葉をかけてもらうのは快感」とも述べた。

 フランスでは女優カトリーヌ・ドヌーブさん(74)が10日付の仏紙ルモンドへの寄稿でセクハラ告発運動を「魔女狩り」と非難し、批判を受けて謝罪を迫られたばかり。

 バルドーさんは代表作「素直な悪女」(1956年)などで小悪魔的な女性を演じ、「フランスのマリリン・モンロー」と呼ばれた。現在は動物愛護活動家として知られる。

このニュースの写真

  • 今度はブリジット・バルドーさん「偽善で、お笑いぐさ」 大物フランス女優、またハリウッドのセクハラ告発批判

関連ニュース

「ニュース」のランキング