産経ニュース

スリランカの港に中国旗 99年間譲渡「一帯一路」債務重く“借金のカタ”に奪われる

ニュース 国際

記事詳細

更新


スリランカの港に中国旗 99年間譲渡「一帯一路」債務重く“借金のカタ”に奪われる

 【ニューデリー=森浩】スリランカ政府は、中国の援助で建設した南部ハンバントタ港を中国国有企業へ引き渡し、現地紙によると今月1日、港湾当局の建物に中国国旗が掲げられているのが確認された。債務の返済に窮したスリランカが“借金のカタ”に海のインフラを奪われた形だ。南アジアで中国と主導権を争うインドは、対抗するように近隣の空港の権益を買い入れる計画を進める。かつての小さな漁村は国同士の思惑がぶつかり合う舞台となっている。

 スリランカ国営企業と中国国有企業は昨年7月、スリランカ側が中国側に港の管理会社の株式の70%を99年間譲渡することで合意した。11億2千万ドル(約1240億円)の取引の合意文書に調印し港は先月、中国側に渡っていた。

 そもそも、港は親中派のラジャパクサ前政権時代に着工されたが、約13億ドルとされる建設費の大半は中国からの融資だ。しかし、最高6・3%にも上る高金利は財政が苦しいスリランカにとって「悪夢」とされ、リースの形で中国に引き渡されることとなった。

続きを読む

このニュースの写真

  • スリランカの港に中国旗 99年間譲渡「一帯一路」債務重く“借金のカタ”に奪われる
  • スリランカの港に中国旗 99年間譲渡「一帯一路」債務重く“借金のカタ”に奪われる
  • スリランカの港に中国旗 99年間譲渡「一帯一路」債務重く“借金のカタ”に奪われる

関連ニュース

「ニュース」のランキング