産経ニュース

【紅い浸入 一帯一路の陰で(上)】人民解放軍、ジブチに拠点 隠された思惑に気付かず中国の“浸入”を許す四国の1・3倍程度の小国

ニュース 国際

記事詳細

更新

【紅い浸入 一帯一路の陰で(上)】
人民解放軍、ジブチに拠点 隠された思惑に気付かず中国の“浸入”を許す四国の1・3倍程度の小国

コンクリート壁に囲まれ、監視塔が建つ中国軍の基地=昨年12月、ジブチ市郊外 (佐藤貴生撮影) コンクリート壁に囲まれ、監視塔が建つ中国軍の基地=昨年12月、ジブチ市郊外 (佐藤貴生撮影)

 ジブチの国内総生産(GDP)は2015年で約17億ドル(約1900億円)と推定されている。欧米メディアによると、中国はジブチの経済改革のため、実に10億ドル以上を貸与する方針を示している。

 1人当たりの国民所得は推定約1800ドル(約20万円)にとどまる。市街を離れれば、荒れ地の上にトタンやシートで造られた粗末な家が並んでいる通りもある。

 中国はこの国でエネルギー開発などを手がけるほか、基地に隣接するドラレ港の開発にも関わっている。街中では「中国鉄建」「中国土木」などの中国企業のロゴがいくつも目に留まる。

 「中国人はここにたくさん住んでいる」。中国雑貨の店や中華料理店が入った低層ビルの前に通りかかると、タクシー運転手が指さした。

 中国は経済支援でインフラ整備などを進め、雇用を創出していると主張する。ただ、その恩恵を受けるのはジブチの人々ではない。送り込まれた中国人が仕事も奪ってしまう。アフリカにおける「中国式外交術」は、ジブチでも踏襲されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人民解放軍、ジブチに拠点 隠された思惑に気付かず中国の“浸入”を許す四国の1・3倍程度の小国
  • 人民解放軍、ジブチに拠点 隠された思惑に気付かず中国の“浸入”を許す四国の1・3倍程度の小国

「ニュース」のランキング