産経ニュース

米、改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を日本に売却へ 方針を議会に通告

ニュース 国際

記事詳細

更新


米、改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を日本に売却へ 方針を議会に通告

 【ワシントン=黒瀬悦成】米政府は9日、北朝鮮の核・弾道ミサイルに対抗するため日米両国が共同開発している改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」4発を日本に売却する方針を議会に通告した。

 同ミサイルは、イージスシステム搭載のミサイル駆逐艦に加え、地上配備型発射システム「イージス・アショア」でも使用可能。想定売却価格は、同時に供与される関連部品などと合わせ、約1億3330万ドル(約150億2690万円)。

 国務省当局者は、売却方針が議会に承認されれば「海上自衛隊が日本や西太平洋を弾道ミサイルの脅威から守る能力が向上する」と指摘。さらに、「北朝鮮の挑発行為に脅かされている同盟諸国に追加的防衛能力を提供すると表明したトランプ大統領の約束を実現するものとなる」と述べた。

 日本政府は、2017年度予算で取得費用147億円を計上。導入は21年度を予定している。

「ニュース」のランキング