産経ニュース

メルケル首相に幾重ものハードル ドイツ政権協議が本格化、政権樹立へ再挑戦

ニュース 国際

記事詳細

更新


メルケル首相に幾重ものハードル ドイツ政権協議が本格化、政権樹立へ再挑戦

先月30日、ベルリンの首相府で、新年に向けたテレビ演説の収録に臨むメルケル首相(ロイター) 先月30日、ベルリンの首相府で、新年に向けたテレビ演説の収録に臨むメルケル首相(ロイター)

 【ベルリン=宮下日出男】ドイツのメルケル首相率いる保守系、キリスト教民主・社会同盟は7日、次期政権樹立に向け、第2党の中道左派、社会民主党との本格協議に入る。3党連立協議が頓挫したメルケル氏には政権樹立への再挑戦。大連立継続に政権維持の望みをつなぐが、幾重ものハードルが待ち構えている。

 「新年には迅速に安定政権を築く。世界はわれわれを待ってくれない」。昨年末に発表された国民向けメッセージで、メルケル氏は危機感をにじませた。

 ドイツでは2日、昨年9月の総選挙から100日を迎えた。「政治空白」は2013年前回選挙後の86日を超え戦後最長。この間、国際情勢は動いたが、「世界最強の女性」と呼ばれたメルケル氏の影は薄い。「世界はドイツが動けるのを待っている」とも述べていた“甘い”認識は封印した。

 メルケル氏は11月、中道の自由民主党と環境政党の90年連合・緑の党との連立に失敗し、下野方針だった社民党の協議受け入れで窮地を当面脱した。同盟と社民党は11日までの予備交渉で、具体的な政策課題のすりあわせを試みる。

 交渉では主要争点の一つに難民政策が上るが、両党の開きは大きい。欧州政策でも温度差が目立つ。社民党が目指す医療保険制度改革も障害になるとの見方が強い。ともに選挙で歴史的な低得票率に終わっただけに安易な譲歩は難しい。

続きを読む

このニュースの写真

  • メルケル首相に幾重ものハードル ドイツ政権協議が本格化、政権樹立へ再挑戦
  • メルケル首相に幾重ものハードル ドイツ政権協議が本格化、政権樹立へ再挑戦

「ニュース」のランキング