PR

ニュース 国際

【WEB編集委員のつぶやき】ああ、お屠蘇がまずい! 日韓合意を「欠陥」と断じ、「媚北」に走る韓国のせいだ

Messenger

 実に不愉快な年末年始だ。

 東アジアで中国、北朝鮮による緊張が高まる中、足並みをそろえるべき韓国の文在寅大統領は昨年末、慰安婦をめぐる日韓合意が「欠陥」と断じ、30年間非公開とされる外交文書をわずか2年で勝手にさらした。

 年明け早々には、平昌五輪への選手派遣の用意と南北会談という北朝鮮の甘言を喜々として「歓迎」した。米紙ウォールストリート・ジャーナルはかつて「文氏は信頼できる友人だと思えない」と喝破したが、「親中・親北」「反日」政権が改めてはっきりした。

 ことの経緯はこうだった。慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意に対し、韓国外相直属の作業部会が12月27日、検証結果の報告書を発表。報告は「被害者(元慰安婦)の意見を十分集約せず、政府間で最終的・不可逆的解決を宣言しても問題は再燃するしかない」と指摘した。

 さらに合意には「非公開部分」があり、「海外の慰安婦像設置を支援しない。性奴隷の表現を使用しない。運動団体を説得するなど日本側の要求を韓国側が事実上受け入れていた」とつまびらかにした。

 文大統領は2017年12月28日、検証結果について「政府間の約束であれ、大統領として、この合意で慰安婦問題が解決できない」と表明した。さらに「国際社会の普遍的な原則に反し、当事者(元慰安婦の女性)と国民を排除した政治的な合意だ」とし、「手続き、内容にも重大な欠陥があることが確認された」と断じた。文氏は新たな対策を政府に指示、1月中に方針を決める見通しだという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ