産経ニュース

ローマ法王が被爆写真の配布指示 長崎で撮影「焼き場に立つ少年」

ニュース 国際

記事詳細

更新


ローマ法王が被爆写真の配布指示 長崎で撮影「焼き場に立つ少年」

ローマ法王フランシスコが印刷して広めるよう指示した「焼き場に立つ少年」の写真(バチカン提供・共同) ローマ法王フランシスコが印刷して広めるよう指示した「焼き場に立つ少年」の写真(バチカン提供・共同)

 【パリ=三井美奈】ローマ法王フランシスコは、原爆投下後の長崎で撮影された少年の写真に「これが戦争の結果」というメッセージを添えたカードの配布を指示した。米CNNテレビなどが2日までに報じた。

 写真は米軍の従軍カメラマンが1945年に撮影。少年が亡くなった弟を背負って火葬場で直立不動で立つ姿をとらえている。カードには法王のサインと共に「少年の悲しみは、かみしめた唇とにじんだ血に表れている」という説明が記された。

 法王は核兵器のない世界実現を訴えており、年始にあわせたカードの配布で核兵器の恐ろしさをアピールする狙いとみられている。

このニュースの写真

  • ローマ法王が被爆写真の配布指示 長崎で撮影「焼き場に立つ少年」

「ニュース」のランキング