産経ニュース

【トランプ政権】FBIは「ごみの山」を元にロシア疑惑の捜査開始…トランプ大統領がツイッターで批判

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
FBIは「ごみの山」を元にロシア疑惑の捜査開始…トランプ大統領がツイッターで批判

トランプ米大統領(AP) トランプ米大統領(AP)

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は26日、ツイッターで、連邦捜査局(FBI)が「ごみの山」を元にロシアの米大統領選干渉疑惑の捜査を始めたと批判した。元英情報機関員のクリストファー・スティール氏がトランプ氏とロシアのつながりを記したいわゆるスティール文書を「でっち上げ」とし、同文書を根拠にした捜査の正当性を問うたものだ。

 文書は昨年の大統領選でトランプ氏と戦った民主党のクリントン元国務長官の陣営などの依頼で作成され、FBIやロシア疑惑を捜査するモラー特別検察官が関心を持ってきた。トランプ氏がロシアでみだらな行為をして露政府に弱みをにぎられているなどといった文書の信憑性には疑問符が付けられていた。

 トランプ氏はロシアとの共謀を否定しており、ツイッターで、保守系メディアの報道を引用する形で「FBIはロシアとトランプ陣営が共謀していたという文書の主張を今にいたっても確認できない。汚点を残した」と書いた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング