PR

ニュース 国際

【アメリカを読む】米音楽界最高の栄誉「グラミー賞」が白人男性アーティストを排除!?

Messenger

 米映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞(オスカー)では、2016年の演技部門の候補者20人がすべて白人だったことから「白すぎるオスカー」と批判された。ポートナウ氏は「そうした批判の反動とは思わない。最もレベルの高いプロたちが現在の音楽をどう感じたかということだ」とも述べ、意図的なものではないことを強調している。

 日本のアーティストも候補に入った。シンセサイザー奏者の喜多郎さん(64)が「空海の旅5」で最優秀ニューエージアルバム賞にノミネートされたのだ。同作品は愛媛県内にある寺の鐘の音を使った10曲を収録していて、日本では今年7月に発売された。喜多郎さんは2001年に同賞を受賞しており、期待が高まる。

 グラミー賞の発表・授賞式は過去14年間、ロサンゼルスのステープルズ・センターを主会場に開かれてきたが、60回記念となる来年は、ニューヨーク・マンハッタンのマディソン・スクエア・ガーデンで1月28日に開催される。

グラミー賞 米音楽界で最も権威があるとされる賞で、映画界のアカデミー賞、舞台演劇におけるトニー賞、テレビ業界のエミー賞と並び称される。1959年に初の授賞式が行われた。ビッグ・フォーと呼ばれる主要4部門は▽最優秀レコード賞▽最優秀アルバム賞▽最優秀楽曲賞▽最優秀新人賞。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ