産経ニュース

【ナッツリターン事件】大韓航空元副社長「航路変更」は無罪 韓国最高裁、懲役10月の2審判決支持

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ナッツリターン事件】
大韓航空元副社長「航路変更」は無罪 韓国最高裁、懲役10月の2審判決支持

大韓航空の趙顕娥元副社長(AP) 大韓航空の趙顕娥元副社長(AP)

 【ソウル=名村隆寛】離陸直前の大韓航空機を引き返させたとして航空保安法違反(航空機航路変更)などの罪に問われた大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ)元副社長の上告審が21日、韓国最高裁で行われ、最高裁は航路変更について無罪とし懲役10カ月、執行猶予2年とした2審判決を支持。刑が確定した。

 趙氏は副社長だった2014年12月、米ニューヨークの空港で、自社旅客機に搭乗したが、客室乗務員のナッツの出し方に怒り、権限がないのに旅客機を引き返させ乗務員を降ろし、航空保安法上の航空機航路変更や業務妨害などの罪で逮捕、起訴された。

 裁判の争点は、離陸前に旅客機が移動した空港の路上が「航路」に該当するかどうか。1審は航路と認め懲役1年の実刑を、2審は航路は空路を意味するとして無罪をそれぞれ言い渡した。趙氏は猶予判決により、15年5月に釈放された。

関連ニュース

「ニュース」のランキング