産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


北朝鮮兵士が韓国に亡命 京畿道の中西部前線、銃撃戦なし

11月13日に北朝鮮の兵士が亡命した現場近くの国境に立つ韓国軍兵士とそれを見つめる北朝鮮の兵士ら=21日、板門店(AP) 11月13日に北朝鮮の兵士が亡命した現場近くの国境に立つ韓国軍兵士とそれを見つめる北朝鮮の兵士ら=21日、板門店(AP)

 【ソウル=名村隆寛】韓国軍合同参謀によると、21日午前8時4分(日本時間同)ごろ、韓国北西部の京畿道の中西部前線で、北朝鮮の兵士1人が軍事境界線を越えて韓国に亡命した。越境の際に銃撃戦などはなかった。

 亡命した兵士は19歳くらいの下級兵士で、小銃を所持していたという。韓国軍では亡命の経緯を調べている。

 兵士の越境後、北朝鮮側は兵士数人が軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)に侵入し、軍事境界線近くまで接近。韓国軍は9時半ごろ、警告放送を流し、20発の警告射撃をした。10時13分と16分ごろの2回、北朝鮮側から数発の銃声が聞こえたが、韓国側での被弾の痕跡は確認されておらず、被害もなかったという。

 韓国軍兵士の亡命は今回で今年4人目。先月13日には、南北軍事境界線がある板門店で、北朝鮮兵士が韓国側へ越境し亡命した。この時、北朝鮮側は兵士を追跡し、約40発の銃撃を加えた。追跡兵士の1人が一時、境界線を越えた。

 銃撃を受けた兵士は重篤な状態だったが、治療の末、一命をとりとめた。

 一方、韓国統一省によると、20日午後、日本海の竹島(島根県隠岐の島町)の近海で北朝鮮の船が発見された。北朝鮮住民2人が救助され、いずれも韓国への亡命の意思を示しているという。

このニュースの写真

  • 北朝鮮兵士が韓国に亡命 京畿道の中西部前線、銃撃戦なし

「ニュース」のランキング