産経ニュース

【カタルーニャ問題】21日州議会選挙 独立派、反独立派とも過半数困難か

ニュース 国際

記事詳細

更新

【カタルーニャ問題】
21日州議会選挙 独立派、反独立派とも過半数困難か

投票に向け、演説する人民党党首のマリアーノ・ラホイ首相=17日、スペイン・カタルーニャ州サロウ(ロイター) 投票に向け、演説する人民党党首のマリアーノ・ラホイ首相=17日、スペイン・カタルーニャ州サロウ(ロイター)

 【パリ=三井美奈】スペイン東部カタルーニャ自治州で21日、州議会選が行われる。州独立の是非が最大の焦点。独立派、独立反対派とも議席の過半数を確保できず、連立交渉が難航するとの見方が強まっている。

 投票前の最後の日曜日となった17日、中央政府のラホイ首相は独立反対派のテコ入れのため同州を訪問した。「安定を回復し、経済を復興させよう」と訴えた。一方、プチデモン前州首相は17日、逃亡先のベルギーからビデオを通じて独立派集会で演説し、選挙は「よりよい国を造るか否かの選択だ」と述べた。

 17日に地元紙が発表した世論調査では、州議会定数135のうち、独立派3党は66~69議席を獲得の見込み。改選前の72を下回り、過半数に届かない可能性が出てきた。反独立派3党の獲得議席は改選前の52から上積みし、56~59になると予想されている。双方とも過半数を獲得できない場合、独立への姿勢を明確にしていない左派政党が組閣のカギを握ることになる。

このニュースの写真

  • 21日州議会選挙 独立派、反独立派とも過半数困難か
  • 21日州議会選挙 独立派、反独立派とも過半数困難か

「ニュース」のランキング