産経ニュース

【文在寅氏訪中】習近平氏と会談「半島の戦乱は絶対に許さない」トランプ政権の軍事行動に“ノー”

ニュース 国際

記事詳細

更新

【文在寅氏訪中】
習近平氏と会談「半島の戦乱は絶対に許さない」トランプ政権の軍事行動に“ノー”

北京の人民大会堂で会談する韓国の文在寅大統領(右から2人目)と中国の習近平国家主席(左から2人目)=14日(共同) 北京の人民大会堂で会談する韓国の文在寅大統領(右から2人目)と中国の習近平国家主席(左から2人目)=14日(共同)

 【北京=桜井紀雄】中国の習近平国家主席と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が14日、北京で会談した。両国政府によると、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり、両首脳は「朝鮮半島で戦乱が起きることは絶対に許さない」と強調し、「対話を通じて平和的に解決する」方針で一致した。トランプ米政権による軍事行動の可能性に対し、中韓が足並みをそろえて牽制(けんせい)した形だ。

 中韓は10月末に米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備で悪化した関係の改善で合意。だが、会談で習氏が韓国側に適切な処理を求めるなど、溝は埋まらなかった。

 一方、中韓自由貿易協定(FTA)をサービス・投資分野に拡大する交渉開始で合意するなど、経済協力の促進を確認した。文氏は日中韓など3カ国協議の活性化も提案したという。

 習氏は平昌五輪への北朝鮮の参加や、対話を通じた南北関係改善への支持も表明。両首脳は国連の対北制裁決議を忠実に履行し、北朝鮮を対話の場に引き出す上での協力でも一致したが、具体的解決策の提示は見られなかった。文氏は15日に李克強首相とも会談する。

「ニュース」のランキング