産経ニュース

【トランプ政権】月を足がかりに火星へ有人探査 大統領令に署名、中国意識「リーダーであり続ける」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
月を足がかりに火星へ有人探査 大統領令に署名、中国意識「リーダーであり続ける」

11日、ホワイトハウスで、月面に再び米国の飛行士を送るよう指示する文書に署名するトランプ米大統領(NASA提供・共同) 11日、ホワイトハウスで、月面に再び米国の飛行士を送るよう指示する文書に署名するトランプ米大統領(NASA提供・共同)

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は11日、月や火星への有人探査計画を進める政策指示書に署名した。指示書は、航空宇宙局(NASA)による具体的な計画推進を承認するものとなり、月での開発を足がかりにして、火星への有人飛行を目指す方針を示している。

 中国も宇宙開発を加速させる方針を示し、2020年をめどに火星探査機を打ち上げ、着陸と探査を目指している。トランプ氏はホワイトハウスでの11日の署名式で、「(宇宙開発で)われわれはリーダーであり続ける」と強調した上で、取り組みを「さらに何倍にも強化する」と述べた。

 トランプ氏は昨年の大統領選期間中から、宇宙開発分野で有人探査を重視する考えを表明していた。大統領就任後は、復活させた国家宇宙会議に計画の具体化などを指示。今回の指示書は、同会議の提言内容を踏まえ、計画推進を認める内容になるが、具体的な実施時期には触れなかった。

 11日は1972年に探査機「アポロ17号」が月面に達した日から、ちょうど45年後にあたる。ロイター通信によると、署名式に同席した元宇宙飛行士のハリソン・シュミット氏は、当時、月から持ち帰った約38億年前の岩石を披露した。

 トランプ氏は「今回は月面で旗を立てるだけではなく、火星探査への基盤を築く」と述べ、月面での施設開発なども念頭に計画を進める意向も示唆した。宇宙開発の軍事利用の可能性にも触れたが、具体的な言及はなかった。

このニュースの写真

  • 月を足がかりに火星へ有人探査 大統領令に署名、中国意識「リーダーであり続ける」

「ニュース」のランキング