産経ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】漂着船の正体は「朝鮮人民軍」 北の攻撃に備えが無いのがニッポンだ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【WEB編集委員のつぶやき】
漂着船の正体は「朝鮮人民軍」 北の攻撃に備えが無いのがニッポンだ

北海道松前町沖に浮かぶ北朝鮮船。前方に掲げられたプレートの3段目に「朝鮮人民軍第854軍部隊」との表記があった=11月29日(共同通信社機から) 北海道松前町沖に浮かぶ北朝鮮船。前方に掲げられたプレートの3段目に「朝鮮人民軍第854軍部隊」との表記があった=11月29日(共同通信社機から)

 単なる胸騒ぎでは済まなかった。

 「朝鮮人民軍第854軍部隊」。北海道松前町の無人島に一時避難した木造船の正体だ。

 乗員が避難した漁業者用の避難小屋は入り口がこじ開けられ、テレビや冷蔵庫、炊飯器などが無くなっていた。北海道周辺の海を担当する第1管区海上保安本部と北海道警、地元漁協などは4日に被害状況を調査、船から日本製のテレビなどが見つかり、乗員は「島から持ってきた」との趣旨の話をしていることが判明した。

 1管は、島の高台にある灯台の電源用ソーラーパネル(縦119センチ、横197センチ)36枚のうち4枚が無くなり、港の防波堤付近で4日、配線が切られた状態で見つかったと明らかにした。灯台の付属施設も入り口の南京錠が壊され、何者かが侵入した痕跡があった。道警は窃盗容疑で事情を聴いているが、「遭難」が「事件」に様相を変えた。

 北朝鮮では、軍が農業や漁業などの生産活動にも従事しているとされるが、窃盗も厭わない。

 北朝鮮からとみられる木造船が日本海沿岸で漂流・漂着した件数が、11月は28件確認された。海上保安庁の集計による。11月に限ると過去4年で最多だ。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング