産経ニュース

習近平氏の尖閣「軍事行動」発言、強硬姿勢明確で対応迫られる日本

ニュース 国際

記事詳細

更新


習近平氏の尖閣「軍事行動」発言、強硬姿勢明確で対応迫られる日本

中国人民解放軍の施設を視察し演説する習近平国家主席=11月、北京(新華社=共同) 中国人民解放軍の施設を視察し演説する習近平国家主席=11月、北京(新華社=共同)

 中国軍の幹部会議の発言から、沖縄県・尖閣諸島をめぐる習近平国家主席の強硬な姿勢が明確になった。

 首脳会談が11月に行われるなど日中関係は改善傾向にあるが、尖閣をめぐっては予断を許さず、日本側は警備体制強化など一層の対応を迫られそうだ。

 これまで日本による平成24年の尖閣諸島国有化以降に活発化した中国公船の主権示威行動に、習氏の意志がどこまで反映されているのか、はっきりしていなかった。

 今回の文献で、習氏が東シナ海と尖閣諸島への「軍事行動」を明確に打ち出していたことが判明した。

 文献には南シナ海に触れた下りはない。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング